就学援助申請書の書き方

MENU

就学援助申請書はどういう風に書くの?

東京都世田谷区の就学援助申請書の書き方を例に取って説明します。

 

クリックすると大きいサイズで見られます。

 

 

 

就学援助申請に必要なもの

 

就学援助申請書を書く上で必要なものについてまとめました。

 

印鑑

 

申請者氏名と共に押印が必要です。シャチハタ・スタンプ印ではないものでと注意書きされている場合がありますので、朱肉を使う三文判を用意しましょう。

 

就学援助費の振込用の口座情報(通帳など)

 

小学校入学の際に給食費等の引き落とし口座を開設してもいいですし、大抵はゆうちょ・銀行どの金融機関でも大丈夫なようです。

 

必要な人だけ所得証明書

 

申請する年の1月1日時点で就学援助を申請する自治体に住民登録がない場合、所得証明書が必要になります。

 

1月1日時点で住民登録がある場合には、年末調整、確定申告等の申告が行われていれば、各自治体が審査の為に税務資料を確認します。(なお自治体が確認の為に同意を求める旨が就学援助申請書に書かれている場合があります)

 

 

就学援助申請書の書き方

 

必要な記入事項は以下のとおりです。

 

●申請者氏名と住所など
●家族構成(世帯状況)
家族構成は生計を共にしている家族全員を記入します。別居していても扶養関係にあれば記入します。
●就学援助申請理由
●振込先の口座情報

 

⇒就学援助の申請理由の書き方についてはこちら

 

 

振込口座の名義は誰にする?

 

就学援助費の振込口座を記入しますが、この口座の名義は保護者名義の口座が必要です。
子供名義は不可とされている事が多いと思います。

 

振込口座の名義は誰にした方が良いでしょうか?

 

各自治体の例では、申請者は父親、口座名義は母親の名義になっている場合もありました。

 

給食費などの引き落とし口座にすると、金銭面では安心

 

給食費等の引き落としは就学援助を申請していても一旦引き落としをされて、その後就学援助で振込が行われますが、引き落とし口座にはあらかじめ給食費等の実費を入れておく必要があります。

 

もしも口座の金額が足りないなどで引き落としが出来ない場合、給食費が滞納になってしまいます。

 

毎月5000円前後の給食費ですが、資金の問題で足りなくなる可能性も出てきます。なるべく入学時に出した引き落とし口座に指定して、学用品費などの実費を後から引き出す方が、安心ではないでしょうか。

 

就学援助申請書の書き方については各自治体によっても変わります。
各自治体の申請書には、記入例が載っている事がほとんどだと思いますので、最終的に申請する際には、各自治体の記入例を参考にしてください。

 

>>就学援助申請書の提出先・提出方法についてはこちらを参考に。

就学援助申請書の書き方(例)関連ページ

就学援助制度とは
小学校、中学校、高校への就学援助制度の情報をまとめました。2015年の最新情報、就学援助費用や申請方法など
就学援助を受けられる年収と所得の目安は
就学援助制度を受けられる年収と所得基準額についての目安と計算方法について
就学援助の内容と金額は
就学援助費の支給日はいつ?
就学援助の申請方法
就学援助の申請理由の書き方は
就学援助制度の申請の際に申請理由の書き方はどのようにしたら良いのでしょうか
就学援助申請書の提出先・提出方法
就学援助率の推移1995年(平成7年)~2013年(平成25年)
就学援助率の推移1995年(平成7年)~2013年(平成25年)と、県別の就学援助率をまとめました。