就学援助のデメリットは?

  • 就学援助を申請して受給することにデメリットはあるのか?
  • 就学援助を受けるのは恥ずかしい?

 

小学生になると子供が4月に就学援助費制度のお知らせのプリントを持って帰ってきますよね。

 

小学校や中学校の授業や行事で必要なお金(教材費や給食費、修学旅行費など)を経済的に苦しい家庭に援助する制度です。

 

プリントには就学援助の対象となる人のところに、家族全員の所得の合計額が◯◯円以下の方…というように収入の目安が表で記載されているところもあるかと思います。

 

これを見て、「もしかしてうちって就学援助の対象…?」
「でも、就学援助って受給したら何かデメリットとかあるのかな…」

 

と少し不安になることもありますよね。

 

就学援助の受給にデメリットはあるのか?

 

結論としては、就学援助を受給する上でのデメリットはありません。

 

ですが、デメリットや不安を感じるのは以下のような事ではないでしょうか?

 

  • 就学援助を受けていると担任の先生から差別されたりしないだろうか
  • 就学援助の受給って周囲にばれてしまうもの?
  • 周囲に知られる事によっていじめに遭ったりしないか
  • 職場に調査があったりしないだろうか

 

決して裕福ではないけれど、困窮を極めているわけでもない…
でも、どうも我が家の収入では就学援助の基準内らしい…

 

就学援助を受けれたらありがたいけれど、これって恥ずかしいこと…?
子供が肩身の狭い思いをするのではないか…?

 

色々考え出すと、心配は尽きませんよね。

 

 

基本的には、適切な書類を提出して認定されれば、それは自治体が定めた必要な補助・支援を受けると考えた方が良いでしょう。

 

不正受給とは全く違うものです。

 

 

また申請書の提出先としては自治体にもよりますが、下記のように選べる場合があります。

 

  • 小学校の担任の先生
  • 小学校の事務室職員
  • 市町村の教育委員会

 

担任には就学援助の受給の情報はいくと思いますが、それで何か差別されたりはないでしょう。
というか、もしあったら困りますよね…。

 

 

また、所得の証明をする必要があっても、源泉徴収票や給与明細のコピーなどを提出するだけですので、職場に何か問い合わせがあることはないでしょう。

 

 

なお、就学援助を受給している人数は、この5年間15%です。

 

つまり、6人に1人が受給しています。クラス30人なら、4~5人は就学援助を受けている計算です。東京都なら20%弱ですので、6人。

 

 

その中で、誰が就学援助を受けているかなんてわかりませんよね。

 

 

この不安定な時代ですから、思っている以上に、就学援助を受けている人がいるということです。

スポンサードリンク
トップへ戻る