MENU

小学校でどれくらいの学費・費用がかかるの

スポンサードリンク

小学校は義務教育だし公立小学校なら学費等費用はかからないと思っている人も多いと思います。

 

ですが、授業料、教科書代は無料ですが、ほかに全くかからないというわけではありません。

 

 

実際にどれくらい小学校で費用が発生するかについてまとめてみました。

 

 

文部科学省「平成24年度の子供の学習費調査」によると

 

学校教育費:55,197円
学校給食費:42,035円

 

 

となっています。

 

授業料が無料でも、給食費以外に年間5万円程度かかるという事です。

 

学校教育費の内容は

 

学校給食費はわかるとして、学校教育費とはどのようなものをいうのでしょうか。
内訳についてですが、

 

  • 学用品費
  • 体育用品費
  • 楽器等購入費
  • 実験実習材料費
  • クラブ活動費
  • PTA会費
  • 通学費

 

などが含まれます。

 

 

公立小学校でかかる費用 どれくらいのお金がかかる?
出典:文部科学省平成24年度「子供の学習費調査」

 

 

授業で使う道具類などで、学校指定のものだと
絵の具セット
書道道具
彫刻刀セット
裁縫道具
水着など

 

がそれぞれ集金されたりします。

 

遠足や社会科見学、林間学校、修学旅行などがあればその費用もかかります。

 

 

なお、私立小学校の場合には授業料等も発生するため、学校教育費822,467円、学校給食費40,229円で、
学校教育費は公立小学校の15倍〜です。

 

 

公立小学校に通う場合でも、年間10万円、月額で8000円ほどの出費があると認識しておいた方が良さそうです。

 

 

また、新入学の際にはランドセルや体操着や文房具など様々な学用品費も揃える必要がありますので、
新1年生の場合にはもう少し出費が増えます。

 

 

授業料は無料でも意外とかかる公立小学校の費用。

 

 

経済的に困っていない中流家庭ならばこれらの月1万弱の費用は特に家計に響くというわけではないでしょう。

 

 

でも、経済的に苦しい家庭では上記ような必須の費用の出費の捻出も大変という場合もあります。

 

地方自治体では経済的に苦しい家庭に向けて就学援助制度として支援制度がありますので
世帯年収が基準額以内であれば支援制度の利用も考えましょう。

 

 

ビットコイン・仮想通貨で億万長者が多数!




スポンサードリンク

公立小学校でかかる費用 どれくらいのお金がかかる?関連ページ

小学校の給食費の平均は?いくらかかるの